今年の書籍ミステリーランキングの中で気になるもの。

米澤穂信 真実の10メートル手前
宮内悠介 彼女がエスパーだったころ
竹本健治 涙香迷宮
市川憂人 ジェリーフィッシュは凍らない

一緒にいて幸せな気持ちになる人が僕の隣に腰を下ろした。

このクリスマスの三連休に今まで片思いの女友達だった子が彼女になりました。

 
彼女との馴れ初めは友人カップルの紹介で、最初の印象はサバサバしてるキレイな子だなといった感じ。
それでいて社交的で気取らない雰囲気は好感が持てた。
 
僕らは4人でランチを食べてその日は終わったが、すぐに彼女をデートに誘った。
もちろん好きとかではなく、友達同士の関係で。
最初はもつ鍋屋に誘って、その後飲み屋へ。
なんと終電を逃した僕に朝まで付き合ってくれたのだった(もちろん居酒屋)。
 
その時から話は面白いし、よく笑うしで彼女に惹かれていた。
ドライブやご飯に何度か行き、当たり障りのない話をよくした。
 
9月28日は彼女の誕生日。
何か残らないプレゼントを渡そう。
友人の彼女にも相談し、ハンドクリームを買った。
渡したところ喜んでくれたが自分でも持っているらしかった。笑
 
その後角島にドライブデートに行き、お肉屋さんに2人で行き、彼女の家に招かれながらも何もしない試されているのではないかという時間を二人で過ごした。
 
そして家にお招きされた次の日に、気持ちを伝えなくてとても後悔した僕は最初から気になっていて気取らない君が好きなんだと伝えた。
結果は友達からという散々な結果。しかしまた遊んだりご飯に行ったりしようとのこと。
僕は僅かだが期待を持った。
気持ちを伝えてもまだ会えるなら可能性はある。
僕はこの時から変に飾らず彼女と関わることができた。
 
そしてご飯に行き、八女に2人で紅葉や星を見に行った。
 
彼女は仕事はきついが職場での人間関係は本当に満足しているとよく楽しそうに話した。
意外だったが、料理や弁当も作るのだという。
好きな料理は肉料理。僕も焼肉が好きなので共感できたし美味しそうにご飯を食べる子は大好きだった。
 
そんな彼女の話を聞くのが好きで、その時の距離感も居心地が良かったのだ。
 
12月にまた会おうかと連絡を取り合っていたところ、お互いのスケジュールが合わず
12月に会う約束ができなかった。
と思われたのだが、なんと彼女からクリスマスデートに行こうとの誘い。
帰省の予定をキャンセルしてまで僕との時間をつくってくれたのだ。
 
本当に嬉しかった。少しずつ想いが届いているような気がした。
今思えばこれはフラグだったが、それを確信するために泊まりのデートを計画した。
それにもOKだったのでもうわくわくしてクリスマスが待ちどうしくてしょうがなかった。
こんな気持ちはいつぶりだろうか。
高校・大学時代は決まった彼女と過ごすクリスマスだったので新鮮味しかなかった。
 
そして三連休当日、眩しい白ニットにグレーのコートで出てきた彼女はとてもきれいで少し照れていた。
しかも今日は少し体の距離が近い気がする。
2人を纏う空気は甘いものだったと思う。
 
そしてかなり奮発したが、個室露天のある離れのような宿を取っていたのでそこに向かった。
これは後日笑い話になるが、その宿の受付のおばあさんが部屋で使えるジャグジー泡風呂の説明を楽しそうに僕たち二人にしてくるのだ。
まだ付き合ってないし、なんとも気まずい雰囲気が漂いながら苦笑いの僕たち。
それに気づかず好きな香りを選んでとかなり攻め気味なおばあさん。
僕は気まずさを感じながらもおばあさんに全力でグッジョブ!していた。
 
本当に広くて綺麗な宿で、僕たちが予約でとれた部屋は一番テラスが広く緑に囲まれた部屋だった。
本当は肉料理でディナーしたかったが人気のためふぐコースとなった。
クリスマスにふぐってなんだよと思いながらも、彼女はふぐなんてお店で食べるの初めて♪と楽しそうにしていたのでそんなことはどうでもよくなり、料理も日本酒も美味しかった。
 
そして部屋に戻ってテレビをつけ、これからどうなるんだと考えて考えて。
でもこれを聞かなければなにも始まらないと思い、、、
 
「なんで今日来てくれたの?」と一言。
 
彼女はテレビの方からこっちにゆっくりと向き、
「好きじゃないとこんなとこに二人できたりしないよ」と言った。
 
僕はその言葉に頭が追いつかず、ずっと「ん?え?」を繰り返したが、少し落ち着いて、「おれと付き合ってくれるのか」と聞いたところ、「よろしくお願いします」と返ってきた。
 
あぁ諦めなくて本当によかったと思った。
1年前の僕は3年付き合った当時大好きな彼女と別れ恋愛なんて、、とひねくたり、可愛いからというだけの理由で女の子と中途半端に付き合い始めたりした過去を走馬灯のように思い出しながら、本当に好きになれた人が今目の前で僕のことが好きだと言ってくれている。
この喜びを忘れずに彼女と付き合っていこうと心に刻んだ。
 

今読んでいる宇野さんの本について。

僕は宇野さんをYouTubeのプレゼンで知った。

自らをオタクだと発言し、なんとなく面白い人だなと思ってみていたら、サブカルチャーとこれからの日本に火をつけるには「面白さ」がなければいけないと提言する宇野さんにひどく魅せられてしまった。

 

その後ちょうどよく「新しい地図の見つけ方」を見つけたので迷わず借りた。

 

本は読んだほうがいいと思っていたけど、それが漠然としすぎて何のために何を読んだらいいんだろうとよく考えることがあったが、宇野さんの意見ですぐにそれは晴れた。

・自分の知らない世界のことについて知りたい、他人の頭の中を覗いてみたい、ぼんやりと考えている面白さや幸福、あるいは憤りや悲しみの正体について知りたい。そんな欲望のはけ口として本はあるのだ。

 

インターネットの本来の意味はこれまでのマスメディアの作る社会にはなかった自由の文化空間を生むこと。

現実社会では身内で固まってだらだら酒を飲みながら仕事の愚痴をこぼすような人間関係しかないが、インターネットでは世界中の面識のない人とも一瞬で出会えるという魅力がある。

目からウロコだったのは、SNSムラ社会化しているということだった。新しい人と繋がることで広がる自分の世界を、知っている人と繋がるが前提のフェイスブック、LINEのSNSは閉ざしている。高校生の間ではツイッターもクラスや友達と繋がるためにあると思い込んでいるらしいし、自分もかつてそうだった。それは承認欲求を満たされたいためだけであり、現実世界での小さなネットワークをインターネットという仮想世界で満たしているに過ぎないのだ。つまり先述したインターネット本来の力を発揮していないのである。

 

目からウロコパート2がハーバード大学の学生の本の読み方。

ハーバードでは自分のモチベーションを高めるために、勉強のために本を読むなら、

なぜ自分はこの本を読むのかを真剣に考えて、うわースッゲー読みてーとなるまでモチベーションを高めて読むそうだ。これによりあっという間に読めて身につく。

 

確かに漠然と読むよりも何のためかわかっていたほうが目的に向かうぶん早く知識を得られるしモチベーションも保てそう!!

 

豆知識

・戦国時代の農民は一生かけて手に入れられる情報量が週刊誌2冊程度だったそうだ。

・訳知り:自分ではなにも生まないけれど人には認められたいこと。または人。物知りと対義語的に使われる。

 

インターネットを使ってこれまで出会えなかった面白い「現実」を探してそれを知ること、実際に足を運ぶことが自分の世界を広げるコツ。インターネットと現実をうまく活用していくことが大切なんだと語っている。

 

インターネットの普及により映像や音声、情報は供給過剰になるとともに質も落ちた。

その中で正しい(活用する価値のある)ものを取捨選択していく必要がある。

確かに調べ物をしてもすぐにほしい情報にたどり着けないことがあるなぁ。

 

とまぁ途中まで読んでの感想というか学びというかメモというか(笑)。

ほんとまとまりがなくて文章力ないよなぁ(笑)。

KMK

けっこうマジで悔しかったこと。

社内の簡単なプレゼンお披露目会。
それなりに準備をし、こんなことをこのくらいで話せたらいいな。
そんな軽い気持ちだった。

前日は決起会がなくなり先輩と飲みに行った。
まぁ当たるかわからんしなんとかなるやろ。
みたいな。

当日一緒に飲みに行った先輩がびっくりするほど上手にプレゼンをした。
資料は会社が用意したもの。自分とは違い自分の言葉と経験でしっかりとプレゼンをしていた。
2人目はベテランの先輩。飲みに行った先輩ほど上手くなく、次に当たっても大丈夫。そんなふうに思っていた。

そして最後は僕だった。

出だしは好調。でも内心アドリブのない自分のプレゼンは面白くないと考えた。
そうすると用意した資料が頭に入らなくなり、急にアドリブに切り替えられた頭と心は付いて行かず、極度の緊張で自分が何を言っているのかわからなくなってしまった。
立て直すこともできず、聞き手側から心配が伝わって、その雰囲気まとめもおざなりに無理矢理終了させた。

自分が考えていたのはいかに時間内に楽に終わるか。
でも違った。根本的に違っていた。

このプレゼンをすることで骨粗鬆症患者を1人でも救うことだった
その熱意も意識もないプレゼンは最早やらないほうがましだった。

改めて失敗の要因をまとめる。
・何を伝えたいのかが明確になっていない。
・緊張していた。
・プレゼンの組立てが悪かった(各項目の時間配分)
・頭の中に内容がはいっていない(カンペ頼り・インプット不足

ではそれぞれどうすれば良いか
・時間内にこれだけは印象に残したいことをリスト化し、最低2回は伝える
・何回も練習する(ビデオに撮る、人に見てもらう)
・プレゼンの中でストーリーをつくる(目次を作りどういう流れで行うかを精査する)
・自分の言葉で伝える努力をする

そしてプレゼンの勉強を少しずつ始めた。
書籍もいいな。あ、借りてない。
アニメを見ていた移動時間をプレゼン動画に変えた。
素晴らしいプレゼンテーターにであった。

特に、時間という財産の長岡秀貴さん。
本当に自然体に聞こえるくらい上手な話し手。
内容も素晴らしくて、話のポイントは24時間分割。
三食と生活にかける時間を3h、睡眠を6h、勤務時間を8hとした時、残り7時間は
自由に使えるもので、働いていても成長できる時間はあると教えてくれた。

どーせむりを悪とする植松努さん。
プレゼンは上手いとは思わないが、話慣れはしていた。
何より柔らかいキャラクターの植松さんが圧倒的熱意をぶつけてくる瞬間は何度も涙がでた。
やはり誰かに何かを伝えるには自分が本気にならないといけないんだと思い知らされた。

しっかりと準備して誰かからの評価ではなく、誇れる自分になるために頑張ろう
君ならできるんだ。おれが1番応援しているぞ!!!

達成会飲み

今日はAさんの施策における達成会。僕は接待される側。

件数ランキング2位となり、御呼ばれにあったわけだが、飲み会に入るまでに小さないざこざがある。

それはランキング2位になり、呼ばれるはずの達成会のメンバーの中に僕がいなかったこと。

そしてその幹事を務めるのが僕の中で苦手なUさんだったこと。

もしかしてこの人はわざとはぶいているのか?と疑いつつ、そっちがそのつもりならこちらもそれ相応の対応で臨もうと、知ってはいつつも強い気持ちで日々を過ごしていた。

今日この日を迎えるまで、他人の気持ちを考えているならば例え故意ではなかったにせよ仲間の成功をないがしろにするような男にはなるまいと強く心に刻んでいた。

僕はこんな思いをしているが、これから入ってくる後輩たちにはこんな思いをさせたくはない。

 

と思っていたら昨日の上長の一言で急遽僕もその達成会に参加することに。

Uさんは開き直っており、「え?いたっけ?」とこの調子だ。

僕は自意識過剰というか被害妄想というかとにかく腑に落ちないものを抱えることになった。

 

とまぁここまで愚痴が多かったかもしれないが、今日の飲み会は本当に実のあるものだった。

 

支店長に普段言えない、事故での支店長の対応が本当に嬉しかったこと、プレゼンで失敗してしまいこれからは前向きに取り組むことを面と向かって言えたこと。

 

Uさんは人としてはまだ受け入れられないが、

・先輩として質問したときの対応は本当に真似したいと自分が思っていることに気づけたこと、

・なんでも得意先のいいなりになるのではなく、自分の持分のAではこれ以上値引きできないが、他社のいれているものであれば得意先のメリットになる行動がとれるかもしれないという交渉術

・自分がやりたいかやりたくないかではなく、上長のために、この人のために目標を達成するんだという強い気持ちがあること

 

僕は器が小さいのか、この人を受け入れることはまだできていないが(他人なのだから受け入れ理解することなどできないものかもしれない)、良いところはたくさんあるし女性や得意先から受け入れられていることも納得できた。

 

そして新たな出会いもあった。A会社のNさん。この人はマネージャーという立場にありながら僕たちと同じ目線で話すことができる雰囲気のやわらかい人。でも仕事には情熱がこもっていて、話によると対会社として利益に大きく関与している重要人物だった。

Nさんには人を見る目があった。この人のこういうところを見習うといいとUさんの良いところを話の中から瞬時に見つけていた。

アドバイスをくれた内容は、先輩にアドバイスを求めるときにストーリー仕立てで説明したうえでダメなところをきくというものだ。

 

自分はこう思って(考えて)こういうふうに行動した結果こうだった。

自分は何がだめだったのか。

 

こういうふうに説明するとより実のある答えが返ってくるそうだ。

Nさんとの出会いは僕のこれからをもしかしたら大きな流れに導いてくれるかもしれない。

 

間接的にUさんは僕にいった。

後輩から昨日こんな○○があったんですよーとボケのようにプライベートを話すほうが先輩としては突っ込みやすいし、関わりやすいと。

 

つまり今の僕は関わりにくいということだ。

そう教えてくれたのなら少しずつ変わっていけばいい。

長い目で見てこの人と一緒に仕事ができてよかったと思えるようにどう行動すべきかを考えていけばいい。

 

 

仏教の世界

今日たまたま見たテレビで仏教と冬の名曲をかけた番組があった。
仏教の教えと歌詞を重ねてより深く感じていくもので、AとBをリンクさせて考えることで、
より深くものを考えたり新しい物を生み出したりすることができることを改めて学んだ。

僕は宗教を信仰している自負は全くないが、父の影響で少なからず仏像は美しく見えていると思う。
スペインに旅行に行った時はもちろんキリスト教の信仰絵画や教会、特にサグラダファミリアは強烈な感動を覚えたことを今でも鮮明に思い出せる。
しかし仏像には見慣れた、、いや言い方が悪いな。
遺伝子的に刷り込まれた包み込むような美しさか。

少し仏教を勉強してみようかな、と思えた。

話は変わりその番組の中で気になる名曲を見つけた。
夜空ノムコウ→ギターがいいな。
さよなら(オフコース
案山子
クリスマスイブ
なごり雪→これもギターか。

今日の名言。
何かで見た。アニメかな?
酒と女と歌を愛せない男はつまらない。

KMU

けっこうまじで嬉しかったこと。
↑最近再会したけーいちの鉄板DAIGO笑

さておき、本題。
以前ワクチンを打つための注射器を、痛みが少なく扱いやすいものがあると提案した。

サンプルを渡し、好感触で採用になったのが一ヶ月前の話。
後日、というのが昨日のことだけど注射嫌いのお年寄りの患者さんが痛くなかったと嬉し泣きをしていたというエピソードを感謝されながら聞かされた。

何だろう。あれだけ退屈だと思っていたこの仕事に光がさしたようだった。
この感覚をもっと味わいたいと思った。

叫びだしたくて、誰かに聞いて欲しくて、たまらなかった。
おれ、頑張れるかな。